インドネシアの現地食材を日々楽しんでおります。


by poupee-peluche
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ごはんもの( 5 )

干したらの炊き込みご飯

以前、韓国人のお友達の家へ伺ったとき、
おいしいおかゆをご馳走になりました。
中に入っていたものは干したらのみ。
それはそれは品のある味で驚きました。

そのお友達が帰任する折に干したらを下さって
当時おかゆにしたり炊き込みご飯にしたりしていたのですが
レシピをどこにも残していないことがまたもや判明。

…ということで炊き込みごはんのレシピUPです。

e0175210_501329.jpg


この炊き込みご飯は本当に薄味なので、
翌日残ったらお野菜などを入れてチャーハンにしてもイケるのです。


《材料》
お米  2合
水  いつもの分量-15cc
料理酒  15cc(大さじ1)
昆布  5センチ
塩  小さじ1/2~小さじ1
干したら  15グラム
水(干したら用)  大さじ2
ごま油  大さじ1
白ごま  適量

《作り方》
1.お米を研いで、炊飯器(またはお鍋)に水、料理酒、昆布、を入れてしばらく置きます。
2.干したらを調理ハサミで1センチ幅に切り、  水大さじ2を加えて戻します。
3.干したらが水を吸ったら、フライパンにごま油を敷いて干したらを炒め、
  軽く焼き色をつけます。
4.1の中に3を入れて、ほんのり塩味がつく程度に塩を入れます。
  塩の味がしっかりつくくらいではおいしくなくなります。
5.普通に炊いて、仕上げに白ごまを振ってできあがり。

※我が家のお鍋ご飯は沸騰するまで蓋を開けて、
  沸騰したら弱火にして蓋をして15分。 これで落ち着きました。

※塩の量が本当に重要です。
 お米の産地などにより甘さがまちまちなので、かなり神経使います。



ずっと調合していた寿司酢も、リビアやケニア、
(確か)イタリアのコシヒカリでは何とも思わなかったのに、
アジア圏にやって来たら塩味が足らず、締まらない気がします。
糖質の量が違う? それとも湿度???


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2011-06-28 05:22 | ごはんもの
お友達のブログでUPされていたエビピラフが
とてもおいしそうだったので私も作ってみました。

e0175210_7152286.jpg


あっさりした風貌とは違いエビ味噌の味が濃厚なエビピラフです。
フライパンでじゅうじゅうと焼いたエビの頭と皮を
スープのだしにしています。
目指したものはオリーブオイルをたっぷりまぶしたエビのローストのご飯バージョン。
エビ味噌が効いているので冷たい白ワインに合わせたい感じ。
ちなみにお米はバスマティ米を使用。 パラッとした感覚が好きなので。

気まぐれメニューなので工程を写真で撮っておきました。
ちなみにお米3合分です。


1.たまねぎ、トマト、マッシュルームを切ります。
e0175210_715378.jpg



2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、
  洗って背ワタをとったエビを入れてガンガン焼きつけます。
e0175210_7155815.jpg


3.焼き目のついたエビをフライパンから取り出し、
  頭と皮、身に分けます。
  頭と皮はフライパンに戻し、水2カップとコンソメ半分を入れてスープを作ります。
  エビ味噌がスープに十分溶け込んだら、
  それに負けないくらい塩を入れます。
  あとで炒め野菜も入るので味がぼけないようにしっかりと。
e0175210_7164679.jpg


4.今回使ったコンソメはこちら。
  オーストリアで購入したにんにくとパセリ風味のコンソメです。
e0175210_7162874.jpg


5.できあがったスープは漉しておきます。
  そして再度フライパンにオリーブオイルを入れ、
  1の野菜を入れ、炒めます。
  ある程度水分を飛ばして、軽く塩をふります。
e0175210_717138.jpg


6.ざっと洗って水を切っておいたお米3合と
  エビ味噌スープ500cc(もしくは普通に炊くときより少な目の水分量)と
  5の野菜をル・クルーゼに入れて強火にかけます。

  沸騰したら弱火で15分炊きます。
  出来上がりの直前にエビを戻し、蒸らしてできあがり。

  パセリ5本をみじん切りにしたものも入れてください。
  これだけパセリを入れても、
  エビ味噌がまだまだ主張しているので、もっと入れてもいいかも。


エビ好きの息子はさぞかし喜んでくれるはず…と思っていたのに
全食してくれたけれど思ったほどの反応はなく。
エビ味噌がいけなかったのか??
それにエビが大きすぎと指摘されてしまったしーーー。

でも、お酒には絶対合いますよーーー。
  

ご覧いただきありがとうございます。
「レシピブログ」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2010-12-16 07:40 | ごはんもの
我が家は暑くなるとすし飯の登場頻度が多くなります。


e0175210_19205921.jpg



我が家の定番ちらし寿司をはズッキーニとにんじん入り。
ズッキーニは淡白な味で守備範囲の広い食材なのでお寿司の具にもなってしまいます。

我が家では寿司酢は作りおきしているのでお寿司もすぐに作ることができます。
寿司酢レシピはコチラです。

《材料》
ズッキーニ  1本(100グラム)
人参  1本(100グラム)
油揚げ  1枚 (油抜きをしておきます)
だし汁 180cc
醤油  大さじ1.5
砂糖  大さじ1.5

お米  2カップ
料理酒  大さじ1
昆布  10センチ
寿司酢  お好みで
ごま  お好みで
錦糸卵  お好みで
海苔  お好みで

《作り方》
1.ズッキーニは長さ2センチの拍子切りにします。
2.にんじんは皮を剥いて長さ2センチの拍子切りにします。
3.油揚げはズッキーニと人参と同じくらいの大きさに切りそろえます。
4.鍋に出し汁を入れて煮立て、1~3の食材を加え醤油、砂糖を加えます。
  この時点で火を弱火にして、落し蓋をして煮てください。
  水分が少なめに感じますが、しばらく煮ると野菜から水分が出てきます。
  水分が多すぎると野菜が柔らかくなりすぎてしまうので水分は必ず少なめに。
5.汁気がなくなるまで煮て、火を止め、そのまま冷まします。 

6.お米を研いで、昆布、料理酒を加え、お寿司を作るときの水加減で炊きます。
  水分量はお米によって大きく左右するのでここでは記載を省きます。
7.ご飯が炊き上がったら昆布を取り出し寿司酢をかけてさっくりと混ぜます。
8.寿司酢がご飯に馴染んだら5.とお好みで白ゴマを加えてさっくりと混ぜてください。
9.ちらし寿司を盛りつけ、お好みで錦糸卵や海苔をのせて出来上がりです。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-06-04 19:31 | ごはんもの
鹿児島県枕崎市に まるた屋さんというお店があります。

かつお製品を主に扱うお店なのですが
以前こちらの商品で「手づくりつくだ煮の素」というものを頂いたことがあります。
そのつくだ煮は材料をボウルに入れて混ぜるだけの手軽さ。
お味の方はというとほんのりとお酢の味がすることで味が引き締まっているせいか
あと一口、と後を引く美味しさなのです。

こんな味かな?と作ってみたものがこちら。

e0175210_198546.jpg



お子供たちにもカルシウムを手軽に取ってもらえるので
材料があればよく作ります。
もちろんご飯に混ぜて子供たちのお弁当に持たせたりもできるので便利な一品です。
海外赴任のときはこのつくだ煮を何回作るかを計算して
煮干とふじっことかつお節を持っていく量を決めるくらいのお気に入りレシピです。


《材料》
小さめの煮干 40g  ※はじめにから煎りしておいても良い
味付け昆布(ふじっこ)  20g  
かつお節  20g
白ごま  20g
砂糖  大さじ2
醤油  大さじ2
みりん 大さじ2
酢  大さじ2

《作り方》
ボウルの中に材料すべてを入れ、かき混ぜてできあがり。


※ジップロックの四角い容器(591ml)にちょうど入る量です。
※だしをとった後の煮干やかつお節を冷凍庫にストックしておいて作っても。
  そのときは予め煎って水気を飛ばしてください。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-23 19:40 | ごはんもの
幼稚園へ通う子供たちのお弁当、
こちらは一品ものが主流なのでとても助かります♪
けれど日本米が手に入らない国なので
バスマティ米を持って行ってもらうこともしばしば。

バスマティ米は冷めるとパラっとしてしまい味気ないので
冷めてもしっとりと美味しく食べられるようにと、
ドライトマトのオイル漬けを使って味をしっかりつけて、
仕上げにとろけるチーズも加えてみると味に深みが出るような気がします。
これを食べた方からは「これって何が入ってるの?」とよく聞かれます。

しっとり炒飯なので、お米は必ず長粒米(できればバスマティ米)を使ってください。
日本米はもっちりとして水分も多いのでうまくいかないかもしれません。
(日本米はとても大切なので実験できないんです…)

e0175210_20554943.jpg



野菜やハム、ソーセージは冷蔵庫にあるものを適当に入れていただいてOKです。
味の決め手はトマトケチャップ、ドライトマト、チーズだけ!
中に入れるチーズは正方形のチーズでもいいですよ。
使うときに手でちゃっちゃっとちぎってもらえれば充分です。


《材料》 2人分
ごはん  360グラム
玉ねぎ  1/2個
にんじん  1/2個
ピーマン  1個
ドライトマトのオイル漬け  2~3切れ
オリーブオイル  大さじ1
塩、こしょう  少々
トマトケチャップ  30グラム
溶けるチーズ  30グラム


《作り方》
1.玉ねぎ、にんじん、ピーマン、ドライトマトをみじん切りにします。
2.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、にんじん、ピーマンを入れます。
3.野菜に火が通ってきたらごはんとドライトマトを入れます。
4.ごはんがほぐれてきたら塩、こしょうをし、トマトケチャップを入れて味を見ます。
  塩気などが足りなかったら調整します。
  トマトの酸味が強いと感じたらハチミツを2,3滴入れてください。
5.最後に溶けるチーズを入れます。
  チーズが全体に混ぜ合わさったら火を止めて出来上がりです。


私は子供のお弁当用に作って少し残ったものをお昼に食べるのですが
冷めても充分おいしいんですよ、本当にオススメです♪



ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-03 21:24 | ごはんもの