インドネシアの現地食材を日々楽しんでおります。


by poupee-peluche
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フェンネル(ういきょう)を子供たちにもパクパク食べて欲しくて、
マヨネーズ味のサラダを作ってみました。

e0175210_1961482.jpg



マヨネーズとフェンネル、相性はバッチリです。
けれど2歳の娘はハムしか食べてくれませんでした…。(涙)
塩もみしたフェンネルを使っているのですが
それでもしゃきしゃきしているので食べにくかったのかも。
千切りにしてたら食べてくれたかな???


《材料》
フェンネル 1株 ※下の白い部分のみ
ハム  2~3枚
マヨネーズ 大さじ3~4
塩、こしょう 少々

《作り方》
1.フェンネルは1枚ずつ剥き、薄切りにします。
2.1.をボウルに入れ塩少々でもみ、5分ほどそのまま置いておき、
  手でギュッと絞って別のボウルに入れておきます。
3.ハムを幅2~3㎝程度に切ってから細切りにします。
  2ミリ程度の細切りにした方が味が馴染みやすいです。
4.2.のボウルにハム、マヨネーズを入れ、塩・こしょうで味をつけてでき上がり。

※作ってから2~3時間おいた方が味がよく馴染みます。
※荒みじんに切ったグリーンオリーブの酢漬け(2個くらい)を入れてもOKです。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-27 19:18 | フェンネル(ういきょう)
鹿児島県枕崎市に まるた屋さんというお店があります。

かつお製品を主に扱うお店なのですが
以前こちらの商品で「手づくりつくだ煮の素」というものを頂いたことがあります。
そのつくだ煮は材料をボウルに入れて混ぜるだけの手軽さ。
お味の方はというとほんのりとお酢の味がすることで味が引き締まっているせいか
あと一口、と後を引く美味しさなのです。

こんな味かな?と作ってみたものがこちら。

e0175210_198546.jpg



お子供たちにもカルシウムを手軽に取ってもらえるので
材料があればよく作ります。
もちろんご飯に混ぜて子供たちのお弁当に持たせたりもできるので便利な一品です。
海外赴任のときはこのつくだ煮を何回作るかを計算して
煮干とふじっことかつお節を持っていく量を決めるくらいのお気に入りレシピです。


《材料》
小さめの煮干 40g  ※はじめにから煎りしておいても良い
味付け昆布(ふじっこ)  20g  
かつお節  20g
白ごま  20g
砂糖  大さじ2
醤油  大さじ2
みりん 大さじ2
酢  大さじ2

《作り方》
ボウルの中に材料すべてを入れ、かき混ぜてできあがり。


※ジップロックの四角い容器(591ml)にちょうど入る量です。
※だしをとった後の煮干やかつお節を冷凍庫にストックしておいて作っても。
  そのときは予め煎って水気を飛ばしてください。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-23 19:40 | ごはんもの
チュニジアの調味料、HARISSAをご存知ですか?

e0175210_818102.jpg



ハリッサ。フランスではアリサ、アリッサとも呼ばれています。
唐辛子、にんにく、塩、オリーブオイルが主原料。
クスクスの調味料としてのほか
シャワルマを挟んだサンドイッチに塗ったりなどして使われています。
唐辛子がメインの食材ですからもちろん辛い!です。
チュニジアのレストランに入るとバゲットと一緒に
オリーブオイルがかかったハリッサがよく出てくるんですよ。

ハリッサはチュニジア版豆板醤と思うと意外に応用範囲が広く、
我が家では半年にひと瓶は使ってしまうほどなのです。
一番よく使うのはキュウリの即席キムチを作るために。
こちらのレシピはまた改めてUPします。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-20 08:43
前記事でレシピ公開したひよこ豆で作ったきな粉飴。
糖分には砂糖と黒糖を使ったのですが
冷めてしまうと砂糖が結晶化してしまって舌触りが悪くなってしまいます。
それを防ぐのは簡単で水飴やはちみつを加えればいいのです。

水飴は手元になく、
はちみつも味が苦手だったので避けていたのですが
それでもはちみつを加えた方が断然イイ、のです。
あっという間にできるので、実際何分くらいでできるのか時間を計ってみたのですが
材料の計測からスタートしてたった13分で完成しました!!!
簡単で美味しいきな粉飴、自信を持ってオススメします。

e0175210_4502874.jpg



《材料》
砂糖 80g
はちみつ 55g 
水 20g
ひよこ豆の粉 120g
まぶすためのひよこ豆の粉 20g

《備考》
※ まぶすための粉はきな粉にすると、よりきな粉飴らしくなります。
※ 成形作業はクッキングシートの上で行います。後処理がラクです。

《作り方》
1.小鍋に砂糖、はちみつ、水を入れ弱火にかけます。
  沸騰して鍋の周りから小さな泡が立ってきたら焦がさないように気をつけながら
  ゴムベラなどでかき混ぜて砂糖を溶かします。

2.鍋の中全体に泡がワーッと立ってきたら火を止めて
  ひよこ豆の粉を入れてかき混ぜます。
  かき混ぜはじめは「粉が少ないかも?」と思いますがほどよい硬さにまとまってきます。

3.クッキングペーパーの上にまぶすための粉を広げ、その上に 2 を乗せます。
  女性人差し指くらいの棒状に伸ばして包丁やスケッパーで切り分けて完成です。 


調べてみると水飴って単に砂糖を水で溶かしただけのものじゃないんですね。
「男の趣肴」HPによると砂糖水と水飴の違いは組成の違いなのだそうです。
理論を実験に移し、何とじゃがいもと大根と水で水飴作りをされているんですよ。 ↓↓↓
http://www.ajiwai.com/otoko/make/mizu_fr.htm
  

ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-18 03:28 | ひよこ豆
ひよこ豆の粉はきな粉に味が似ています。

それならひよこ豆の粉でもきな粉飴を作れるのでは?と思い作ってみました。
飴のように硬いものと、きな粉棒のような柔らかめのものを作りましたが
家族には柔らかめの方がが好評。
口の中ですぐ柔らかくなるので子供が喉に詰まらせたりすることもないかな…と
子供のおやつにと柔らかいレシピでばかり作っています。
砂糖を溶かして粉を混ぜて成形するだけ!
たった3ステップの超簡単レシピです。

e0175210_4502874.jpg



《材料》
砂糖 90g
黒糖 40g ※粉状のもの。塊の場合は細かくしてください。
水 40g
ひよこ豆の粉 120g
まぶすためのひよこ豆の粉 20g

《備考》
※ まぶすための粉はきな粉にすると、よりきな粉飴らしくなります。
※ 成形作業はクッキングシートの上で行います。後処理がラクです。
※ ほのかに黒砂糖の風味がするかな?という配合です。
  黒糖の風味を強くしたい場合は黒糖を多めに、砂糖を少なめにしてください。

《作り方》
1.小鍋に砂糖、黒糖、水を入れ弱火にかけます。
  沸騰して鍋の周りから小さな泡が立ってきたら焦がさないように気をつけながら
  木ベラなどでかき混ぜて砂糖を溶かします。

2.鍋の中全体に泡がワーッと立ってきたら火を止めて
  ひよこ豆の粉を入れてかき混ぜます。

3.クッキングペーパーの上にまぶすための粉を広げ、その上に 2 を乗せます。
  女性人差し指くらいの棒状に伸ばして包丁やスケッパーで切り分けて完成です。 


※追記※
糖分ははちみつや水あめを加えた方がしっとりと仕上がるようです。
後日はちみつも加えた配合もUPしますね。
  

ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-15 05:30 | ひよこ豆
フェンネルってご存知ですか?
和名はういきょう、爽やかな香りをした野菜です。
個性の強い野菜なのでどんな調味料が合うのだろうとあれこれ試した中で
好評だったのがナムプラーと合わせてサラダ仕立てにしたものでした。
コリアンダーとの相性も抜群♪
コクを出すために干しエビは欠かせませんが
肉をつかわず簡単に仕上げると浅漬け感覚で、
豚の挽肉や鶏肉、エビなどを蒸して加えるとグッと味に奥行きがでて
見た目も豪華になります。
今回は手元に豚肉しかなかったので豚肉のみを入れたレシピです。
フェンネル圏(?)の方、騙されたと思って是非作ってみてください♪

e0175210_9333619.jpg



《材料》
フェンネル 1株(白い部分のみ)
豚ひき肉 100g 酒大さじ1をまぶしておく
コリアンダー 20本
にんにく 1かけ
レモン汁 1/2個分
スイートチリソース 大さじ1
ナムプラー 大さじ2~3
干しエビ 大さじ1
サラダ油 大さじ1

《備考》
※鶏肉とエビを入れると味に奥行きが出て見た目も豪華です。
※コリアンダーは一番香りがある根の部分がカットされているもののため
  根があるものでしたらもっと少ない量で作ることができると思います。
※子供仕様にトウガラシ抜きで作っていますが、
  子供たちにはそれでもスイートチリが辛くてまだ食べられないようです。
※キュウリやにんじんなどを入れてももちろんOK。
  味が薄くならないようにナムプラーを足してくださいね。

《作り方》
1.豚ひき肉は蒸して火を通しておきます。
  私は小さい鍋に水を入れて沸騰させた中に
  カフェオレボウルの中に豚ひき肉を入れて蓋をして蒸しています。

2.コリアンダーの葉を摘んでおきます。

3.フェンネルは緑の茎の部分ををカットして、1枚ずつ剥がして洗います。
  そして繊維に沿って千切りにします(幅1ミリを目標に♪)

4.にんにくはみじん切りにします。

5.ボウルににんにく、レモン汁、スイートチリソース、ナムプラーを入れます。

6.フライパンにサラダ油大さじ1を入れて油が熱くなってきたら干しエビを入れ、
  焦げないうちに火を止め、油ごとボウルに入れます。

7.ボウルに豚挽肉、コリアンダー、コリアンダーを入れ、手で力を入れて揉んでください。
  味がしみることで美味しさが増します。

※1、2時間置いたほうが味がしみて美味しくいただけます。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-13 10:13 | フェンネル(ういきょう)
今日の子供たちのおやつにと、
ひよこ豆の粉で作った焼き菓子を作ってみました。
ピンク色の容器に入ったものがそうです。

e0175210_2026354.jpg



一見クッキーのようですが、このお菓子はとても柔らかくて
ちょっと力を加えてしまうだけでほろほろと崩れてしまいます。
けれど何より驚きなのがひよこ豆の粉は何ときな粉のような味がするのです!
だからこのお菓子を口に運ぶと
きな粉の和菓子をいただいているような感じがします。

ひよこ豆の粉、チュニジアのスーパーで簡単に手に入ります。(↓)
水飴があったらきなこ飴もどきもできそう。

e0175210_20244777.jpg
 


この焼き菓子のレシピはこちら。(↓)
油脂はオリーブオイルを使っていますがオリーブの香りが際立ってしまうので
今度は他の油脂分に替えて作ってみようかと思っています。
材料には卵や大豆は使わないのでそれらのアレルギーをお持ちの方によいお菓子かもしれません。

《材料》
ひよこ豆の粉 125g
薄力粉  63g
砂糖  63g
オリーブオイル大さじ8~9

《準備》
粉類を振るっておきます。
オーブンを170度に温めます。

《作り方》
1.ボウルにひよこ豆の粉、薄力粉、砂糖を入れ、オリーブオイルを大さじ1杯ずつ入れて、
  硬さをみながら練ります。

2.耳たぶよりも柔らかいくらい、(微妙に成形が難しいかなと思う程度)になったら
  ピンポン玉の1/3程度の大きさに丸めます。
  丸めていくと表面に脂がしみ出してつやつやします。

3.クッキングシートを敷いた天板に2を乗せ、
  指で上の部分をほんの少しだけ押しておきます。(少しだけ平らになります)

4.オーブンで20分くらい焼きます。
  焼きあがったらそのまま冷ましてください。

※出来上がったものは重ねないでくださいね。
  お菓子同士がくっついて表面がはがれてしまいます。(写真のように…)


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-11 20:55 | ひよこ豆
こちらではクルミを乾燥食材専門のお店で1キロ16DT(約1120円)程度で購入できます。
以前購入したものが少し残っていたのでクルミ入りのクッキーを作ってみました。

e0175210_4145291.jpg


くるみはフードプロセッサーにかけますが、
あまり細かくせずダイスアーモンド程度の大きさを残すようにして食感を確保。
生地が柔らかくなりやすいので生地は冷凍庫で休ませると型抜きが簡単です。
クルミの味がストレートに出るのでお味噌を入れてもいいかも!と思ったのですが
お味噌を入れて作られている方も多いようで・・・。
自分なりに配合を考えていつかUPしたいと思います。

今回はシンプルなクルミのみのレシピで。
甘さ控えめです。

《材料》
バター 45g
粉糖 45g
卵  1/2個
クルミ 45g
薄力粉 70g
強力粉 適量
幅20㎝程度のビニール袋(あれば)

《準備》
1.バターは室温で戻します。(私はHBの発酵モードを利用したりもします)
2.粉はふるいにかけておきます
3.クルミは160度のオーブンで10分ほどから炒りし、
  フードプロセッサーで粒が残る程度に細かくします。

《作り方》
1.バターを泡立て器でホイップし、粉糖を加えます。
2.卵を加えよく混ぜます。
3.ゴムベラに持ち替えて、クルミと薄力粉を加えて混ぜます。
4.3.をビニール袋に入れ、20㎝×15㎝程度に麺棒で伸ばしておきます。
5.4.をそのまま冷凍庫へ入れます。
6.5.がカチカチに固まったら取り出します。
7.オーブンを170度に温めます。
  気温20度程度でしたらオーブンを温めている間に生地の硬さがとれます。
8.作業台に強力粉を振り、麺棒にも強力粉をつけて
  硬さのとれたクッキー生地を厚さ3ミリ程度に伸ばし、型を抜きます。
  生地が柔らかくなってしまうと一気に扱いづらくなるので手早く。
9.8.を160~170度のオーブンで15分程度焼きます。
  型抜きした周りの部分が薄く焼き色がついてきたら焼き上がりです。

※オーブンの火のあたり方はまちまちなのでオーブンの中をこまめに覗いて
  焼き上がりをチェックしてくださいね。
 

ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-09 04:51 | Patisserie

チュニジアチーズ

我が家の常備品のチーズを紹介します。
料理のときに使うチーズはほとんどコレ。

e0175210_1835833.jpg



細切りチーズです。
どれくらい細いかと言うとこれくらい。 ↓

e0175210_18354413.jpg



とても細いので他の食材と混ぜやすいのですが
ピザの上に乗せるとチーズだけ硬くなってしまうのが難点。
オリーブオイルをたっぷりかければいいのかしら・・・?


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-08 18:43
先日子羊肉(ラム肉)を使ってチュニジア料理の
肉詰め野菜のグラタン(Gratine de legumes farcis ala viande)
というというものを使ってみました。
しかし脂身がないお肉を使ったので食感はパサパサのイマイチの出来。
いい方法がないものかと冷蔵庫を覗いたところ
マッシュルームを使ってみることを思いつきました。
食感としっとり感を補えそうかな…と。
そして出来上がったのがこちら。 (↓)
何と子羊肉とマッシュルームが同量入ったヘルシーハンバーグ、
キャラウェイパウダーで風味付けしています。

e0175210_16562591.jpg



《材料》
子羊肉(脂の少ないもの) 250g 
マッシュルーム  250g
玉ねぎ  1/2個
シュレッドチーズ  50グラム 
パン粉  20グラム
卵  1個
キャラウェイパウダー 小さじ1
塩、こしょう  少々
オリーブオイル  適量
コリアンダー(香葉) 飾りに、適量

 ※子羊肉はビフテキ用をミンチにしています。
 ※シュレッドチーズとは細切りのとろけるチーズのこと。
   風味付けに入れているので
   細かくちぎって入れていただければどんなチーズでもいいです。

《作り方》
1.玉ねぎとマッシュルームをそれぞれフードプロセッサーにかけ、みじん切りにします。
2.フライパンにオリーブ油大さじ2を入れ、温まってきたら玉ねぎを入れ炒めます。
3.玉ねぎが透明になってきたらマッシュルームを入れます。
  暫く炒めるとマッシュルームの水分がたくさん出てきます。
  そうしたら強火でこの水分が飛ぶくらいまで炒めてください。
  炒めたらボウルに移し、冷ましてください。
4.子羊肉をフードプロセッサーでミンチにします。
5.3.が冷めたら4.の肉、シュレッドチーズ、卵、パン粉、キャラウェイパウダー、
  塩、こしょうを入れてよく練ります。
6.5.をお弁当ハンバーグ程度の大きさに成型し、
  オリーブ油大さじ2を入れたフライパンで焼きます。
  片面は焦げ目をつけるように焼き付けてから裏返し、
  もう片面は火を弱火にして中までじっくり火を通してください。
  ハンバーグを指で押してみて弾力があれば出来上がりです。

  ※余ったハンバーグは成型後冷凍可です。
  ※クミンシード小さじ1を加えると爽やかで大人には好評(子供には不評…)

e0175210_16563417.jpg



今回はトマトソースを添えてみました。
このトマトソースはオリーブオイルたっぷり、
こちらで知り合った奥様から教えていただきました。
「マリナーラソース」と言う名前だそうです。
にんにく、アンチョビ、ローリエの葉、パセリ、白ワインが入っています。
シンプルですが濃厚ソースなのでこのハンバーグによく合いました。
冷めても抵抗なく食べられるほど羊の肉の臭みを全く感じさせないので
パーティなどにも良いかと思います。是非お試しくださいね。


ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-06 17:31 | 羊肉