インドネシアの現地食材を日々楽しんでおります。


by poupee-peluche
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ビビンバなどに使うコチュジャン、
先日市販のコチュジャンをアレンジしたものをいただきました。

市販のものに手を加えるだけなのですが
鮮度が出るというか…出来上がったものをちびちびと舐めるだけでもイケます。
ちょっとした自家製気分が味わえるのでオススメです。
今回レシピは(次回作るときの)備忘を兼ねてUPします。


e0175210_1914788.jpg



《材料》
コチュジャン 100g
ごま油 大さじ1
寿司酢 大さじ1
ハチミツ 小さじ1
すりごま 大さじ1
すりおろしにんにく 1かけ

《備考》
私はいつもの手作り寿司酢を入れていますが、
酢、砂糖、塩をお好みで入れてももちろんOKです。

《作り方》
1.材料を全て混ぜ、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

2.3、4日ほど置いた方が味が馴染んできて食べごろです。



メジナ(マグロの幼魚)を捌いたときに出た血合いを
水に漬けて血を出してから、油で焦げ目をつけるように炒めて
このコチジャンと砂糖、醤油、みりんで味付したりしても
魚の臭みを感じさせず目先が変わっていいですよ。



ご覧いただきありがとうございます。
「レシピブログ」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-07-21 18:35 | 便利なストック食材
先日、持ち寄りランチをしたときに友人が持ってきてくれた
お手製の鶏手羽先を三杯酢で煮込んだものがおいしかったので作ってみました。
夏らしく向日葵の絵のついたお皿にのせて。


e0175210_19204021.jpg



我が家では寿司酢を作りおきしているのでそれを使って簡単に。
醤油と砂糖が多めに入ったこっくりとした味付けもいいけれど
暑い夏はお酢多めのさっぱり味に惹かれます。

作る手順はフライパンで焼き色をつけた手羽先を圧力鍋を使って煮るだけ、
調味料は寿司酢と醤油とみりんのみ。
短時間でもほろっと柔らかく煮えるので骨付きでも肉離れがよく
子供たちも食べやすいようです。
煮汁に漬け込んだ卵は子供たちの大好物で、いつも4個ほど漬け込んでいます。
寿司酢のレシピはこちらから。
http://tunisie.exblog.jp/10186800/

《材料》
鶏手羽先 12本
寿司酢 大さじ5
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
サラダ油 大さじ1
ゆで卵 お好みで

《作り方》
1.フライパンにサラダ油を入れて熱し、鶏手羽先を加えて中火~弱火で
  鶏の脂を落とすようにキツネ色になるまで両面じっくりと火を通します。

2.キツネ色になった手羽先を圧力鍋に移して、寿司酢、醤油、みりんを加え、
  ひたひたよりも少な目の水を加えて火にかけます。

3.我が家の場合、加圧(高圧)中火で3分かけて火を止めます。

4.圧力が抜けたらフタをあけて鶏肉の上下を返します。
  水分が多いようであれば再度火にかけて汁気が少なくなるまで
  (目安:鍋底から煮汁が0.5~1センチ程度になるまで)
  時々煮汁を鶏肉にかけながら煮詰めます。

お好みでゆで卵を加えてもよいかと思います。
その際にはジップロックの中に殻をとったゆで卵と煮汁を入れ、
ジップロック内の空気を抜いて漬け込むと
卵に煮汁が満遍なくしみ込むのでおすすめです。



ご覧いただきありがとうございます。
「レシピブログ」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-07-15 19:30 | 鶏肉