インドネシアの現地食材を日々楽しんでおります。


by poupee-peluche
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:クッキー ( 2 ) タグの人気記事

面白いクッキーを作りたくて
砂糖を10~20グラムしか入れていないサブレを週に何度か作っていましたが、
流石に飽きてきたので気分転換にもう少し砂糖を多めにしたサブレを作ってみました。


e0175210_18291915.jpg



暑くなってくると塩気のきいたものが欲しくなるもの。
ちょっとお菓子をつまみたいなと思うとき、甘さが口に残らないこのサブレは新鮮。
お茶の時間に塩味のサブレと普通のクッキーをいただくと
互いの個性を引き出されてこれまた新鮮です。

家族には評判のよいサブレですが
チュニジアで手に入るバターはコクがなく、物足りない気がしてなりません。
砂糖の使用量が少ない分、バターの質がサブレの前面に出てくるような…。
ですからバターは発酵バターの方が格段に風味が増すと思います。
  

《材料》 天板1枚分
バター  85グラム(室温に戻しておきます) 
粉砂糖  40グラム
塩  2~3グラム(お好みで)
薄力粉  140グラム
アーモンドパウダー  20グラム
白ごま  20グラム
牛乳  大さじ1

《備考》
牛乳(水分)を加えることで成形時の内側のひびをおさえられます。
我が家の電気オーブンは火のあたりが弱いので
165~170度のオーブンで30分ほどかけて焼いています。
火のあたりはオーブンによってまちまちなのでこまめに焼き上がりを
確認することをお勧めします。

《作り方》
1.ボウルの中に室温で柔らかくなったバターを入れ泡立て器でほぐし、
  粉砂糖を加えて混ぜます。
2.1.に塩、ふるった薄力粉とアーモンドパウダーを加え、
  スパチュラを使ってさっくりと混ぜます。
3.2.が粗方混ざってきたら白ゴマと牛乳を加え、再びさっくりと混ぜます。
4.生地を手を使ってまとめ、生地が均一になったら直径3.5~4センチほどの
  棒状に伸ばし、  ラップなどでくるみ冷蔵庫に入れ2時間以上生地を休ませます。
5.オーブンを165~170℃に温めます。
6.休ませた生地を包丁で1センチ厚さの輪切りにして天板に並べます。
7.20~30分ほどで焼き上がります。



ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-06-04 19:01 | Patisserie
こちらではクルミを乾燥食材専門のお店で1キロ16DT(約1120円)程度で購入できます。
以前購入したものが少し残っていたのでクルミ入りのクッキーを作ってみました。

e0175210_4145291.jpg


くるみはフードプロセッサーにかけますが、
あまり細かくせずダイスアーモンド程度の大きさを残すようにして食感を確保。
生地が柔らかくなりやすいので生地は冷凍庫で休ませると型抜きが簡単です。
クルミの味がストレートに出るのでお味噌を入れてもいいかも!と思ったのですが
お味噌を入れて作られている方も多いようで・・・。
自分なりに配合を考えていつかUPしたいと思います。

今回はシンプルなクルミのみのレシピで。
甘さ控えめです。

《材料》
バター 45g
粉糖 45g
卵  1/2個
クルミ 45g
薄力粉 70g
強力粉 適量
幅20㎝程度のビニール袋(あれば)

《準備》
1.バターは室温で戻します。(私はHBの発酵モードを利用したりもします)
2.粉はふるいにかけておきます
3.クルミは160度のオーブンで10分ほどから炒りし、
  フードプロセッサーで粒が残る程度に細かくします。

《作り方》
1.バターを泡立て器でホイップし、粉糖を加えます。
2.卵を加えよく混ぜます。
3.ゴムベラに持ち替えて、クルミと薄力粉を加えて混ぜます。
4.3.をビニール袋に入れ、20㎝×15㎝程度に麺棒で伸ばしておきます。
5.4.をそのまま冷凍庫へ入れます。
6.5.がカチカチに固まったら取り出します。
7.オーブンを170度に温めます。
  気温20度程度でしたらオーブンを温めている間に生地の硬さがとれます。
8.作業台に強力粉を振り、麺棒にも強力粉をつけて
  硬さのとれたクッキー生地を厚さ3ミリ程度に伸ばし、型を抜きます。
  生地が柔らかくなってしまうと一気に扱いづらくなるので手早く。
9.8.を160~170度のオーブンで15分程度焼きます。
  型抜きした周りの部分が薄く焼き色がついてきたら焼き上がりです。

※オーブンの火のあたり方はまちまちなのでオーブンの中をこまめに覗いて
  焼き上がりをチェックしてくださいね。
 

ご訪問ありがとうございます、クリックしていただけると励みになります。


[PR]
by poupee-peluche | 2009-03-09 04:51 | Patisserie